1. はじめに 2. 画面の見かた 3. データベース利用上の注意 4. 推奨環境 5. スタッフと謝辞

 早稲田大学イスラーム地域研究機構では、早稲田大学が所有するイスラーム関連の史資料を研究資源として広く活用することを目的に、日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受け、「早稲田大学所蔵イスラーム関連史資料データベース」の作成を開始いたしました。
 本データベースは、早稲田大学中央図書館特別資料室に保存されている、戦前のイスラーム研究組織である「大日本回教協会」が所蔵していた内部資料の内、写真画像を高画質にデジタル化し、公開いたします。同写真資料はこれまでに科学研究費基盤(A)「日本・イスラーム関係のデータベース構築-戦前期回教研究から中東イスラーム地域研究への展開」(研究代表:臼杵陽(課題番号17201050))の研究成果の一部として公刊されています(「大日本回教協会関係写真資料 : CD-ROM(ver.1)」(早稲田大学、2006年)。今回、データベース化にあたり、高画質でのデジタル撮影を再度行い、より細部に至るまで確認ができる仕様としました。
 「大日本回教協会」は戦前の1938年9月19日に林銑十郎元首相を会長に軍の後援を得て設立されました。当時の日本国内のイスラーム研究の統合を意図した機関として、規模と人員において当時最大規模を誇っていたとされます。また、同機関は戦後解散するまで、イスラーム圏との交流、研究活動、雑誌等の出版事業など多岐にわたる活動を行っていました。その活動の一端を伺うことが出来る本資料が早稲田大学に保存されたのは1962年のことと伝えられています。大日本回教協会の設立と活動、および本資料が早稲田大学に保存されるまでの経緯などの詳細については、日本学術振興会科学研究費基盤(C)「戦中期日本におけるイスラーム研究の成果と評価-早稲田大学「イスラム文庫」の分析-」(研究代表:店田廣文(課題番号15530347))の研究成果報告書をご覧ください。

① 整理番号当該資料の整理番号です。
② 分類当該資料の分類です。
③ 標題当該資料の標題です。
④ 撮影年代当該資料の撮影年代です。
⑤ 備考当該資料の備考です。
⑥ JPEGで画像を見る当該資料の画像をJPEG形式で冒頭から閲覧します。
⑦ iPallet/Limeで画像を見る当該資料の画像をiPallet/Limeで冒頭から閲覧します。無段階ズーム方式で細部まで拡大することができます。
なお、閲覧にはFlash Playerが必要です。

 本データベースの使用権は早稲田大学イスラーム地域研究機構にあります。写真画像の利用は学術目的に限ります。商業目的、営利目的の利用は一切認めません。インターネット利用が可能な環境下で、学校の授業等で一時的に利用・閲覧する場合には、事前に許可等は不要です。自由にご利用ください。
 本データベースに収録されている資料は、早稲田大学図書館特別資料室で古書資料・貴重書扱いとなっているものです。資料の原本を直接閲覧することや、学術・文化・教育事業を目的に利用を行いたい場合には、下記の早稲田大学図書館特別資料室宛に事前にご連絡いただき、所定の手続をおこない、許諾を得てください。
 例)現物の閲覧 ; 出版物(図書・雑誌)への掲載 ; テレビ番組での利用 ; ホームページへの転載 ; 展覧会への出陳など。
 本データベースに収録されている資料の原本は、早稲田大学に寄託されたものです。肖像権およびプライバシーの処理は行っておりません。
 *早稲田大学イスラーム地域研究機構および早稲田大学図書館の許可なく上記の目的等に利用することを禁じます。無断で使用した場合には、法的な手段も含め、断固たる措置を講じることがあります。

 早稲田大学中央図書館特別資料室
 住所:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
 電話:03(5286)1754 FAX:03(5286)1761
 E-mail:tks-info(at)list.waseda.jp  *(at)は@に読みかえてください。
 早稲田大学図書館ウェブサイト:http://www.wul.waseda.ac.jp/index-j.html

本サイトは、Internet Explorer 9以上のバージョン及びその他の主要なブラウザの最新版をご使用いただくと、快適に閲覧できます。
本サイトは、画像の閲覧にiPallet/Limeを使用しているところがあります。iPallet/Limeで画像を閲覧するにはFlash Playerが必要です。ダウンロード(無償)はAdobe社のサイトから行ってください。

 本データベース作成にあたっては、早稲田大学図書館特別資料室の皆さんをはじめ、多数の方々の協力を得ました。また、データベースの全般にわたり、これまで学内外の研究者によって蓄積されてきた様々な調査・研究の成果を参考にしました。ここに深く謝意を表します。
 データベースの機能と内容には、まだ不十分な点が多いことと思いますが、今後の改善に向けて、お気づきの点がありましたら、早稲田大学イスラーム地域研究機構までご意見をお寄せください。

「早稲田大学所蔵イスラーム関連史資料データベース」制作代表
早稲田大学イスラーム地域研究機構・機構長 桜井啓子